12月は地球温暖化防止月間です

環境省では、平成9年12月に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)を契機として、翌年の平成10年度から、毎年12月を「地球温暖化防止月間」と定め、国民、事業者、行政が一体となって様々な取組みを行うことにより、地球温暖化防止を図ることとしています。

また、同省では、地球温暖化対策のためのあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」(クールチョイス)の取組みのひとつである、暖房時の室温を20℃(※)で快適に過ごすライフスタイル『WARM BIZ』(ウォームビズ)を推進しています。
(※20℃は目安です。暖房の適切な使用をお願いするものです。)

COOL CHOICEに賛同する富山市でも、WARM BIZを推進しております。

ここでチームとやまし事務局がおススメするWARM BIZの一例を紹介します。

・ストールやひざ掛けを使う
・薄手のニットやベストを重ね着する
・鍋や煮込み料理を食べる
・根菜類や香辛料など、体を温める食材をとる
・窓やドアから入ってくる冷気を遮断するアイテムを活用する
・天気のいい日は太陽光を取り入れる
・血行を良くするツボを押す
・適度に体を動かす

寒い季節でも、暖房に頼りすぎないで快適に過ごす工夫をしましょう。
この小さな工夫が地球温暖化対策につながっていくのです。

また、家族みんなが集まり、温かい鍋を囲んだり、体を動かす遊びをしたりすることも
WARM BIZやWARM SHARE(ウォームシェア※)につながります。
この冬は家族団らんで心も体も温まりましょう!

※WARM SHARE(ウォームシェア)についてはこちら

なお、チームとやまし事務局では、皆さんのWARM BIZの取組みについて
情報を随時募集しています。
皆さんの「工夫」をお待ちしております!

WARM BIZチラシ1(環境省)

WARM BIZチラシ2(環境省)