ストップ温暖化 チームとやまし COOL CHOICE

みどり野幼稚園で緑のカーテン事業「植え付け作業」を実施しました

寒江保育所に続き、富山短期大学付属みどり野幼稚園でも緑のカーテン事業「植え付け作業」を実施しました☆

みどり野幼稚園では、令和2年6月8日(月)と6月9日(火)の2日間にわたり、年長児の子どもたちが、あさがおとゴーヤの苗から、自分が育てたい苗を1本選び大切に植えました。

「おおきくなあれ」と魔法の言葉をかけながら水をあげ、また、地球温暖化について話し合いもしました。

子どもたちは、「毎日暑いね」「地球が暑くなっているんだ」「暑くなったら生き物はどうなる?」「みんなにできることはないかな?」「緑のカーテンが大きくなって、クーラーをつけなくてもよくなったらいいね」などと話していました。

植え付け作業後、園の先生より「子どもたちにとって、地球温暖化について考える良い機会となりました。ありがとうございました。」というコメントをいただきました。

小さいころから地球温暖化について考えることができる環境ってとても大切ですよね!

みどり野幼稚園の園児の皆さん、自分が選んで植えた苗、大切に育ててね!

 

【緑のカーテン事業とは】

あさがおやゴーヤなどのつる性の植物で窓を覆い、日差しを防ぐとともに、室内の温度の上昇を抑えることができ、暑い夏場も快適に過ごすことができます。